株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
MS JAPAN
価格.com
ユタニ工業株式会社
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2018 AUTOBACS SUPER GT
2018 AUTOBACS SUPER GT Round7 AUTOPOLIS GT 300km RACE
オートポリス / Course Length : 4.674 km
It hasn't been an easy weekend for Ronnie Quintarelli and the NISMO Official Team at Autopolis. In the penultimate round of the 2018 Super GT season, the Italian racer ended up outside the top-10 and will not be able to fight for the championship in the series finale at Motegi.

ロニークインタレッリと23号車ニスモチームにとって、オートポリス戦は非常に厳しいレースウィークだった。天王山の第7戦オートポリスの決勝で10位以内に入れず、まさかのノーポイント。2018シーズン最終戦もてぎを残して、23号車はチャンピオン争いから脱落する結果に終わった。
2018/10/20(土)
Qualifying[Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

As Ronnie and teammate Tsugio Matsuda approached Autopolis, the team knew that a podium was needed in order to keep the championship hopes alive.
In practice though, the duo suffered from a lack of grip, especially at the front end of the car. Despite the set-up changes made for qualifying, the team had to settle for a disappointing 14th place in qualifying.

ロニーとチームメイト松田次生選手は、オートポリス戦では最低でも表彰台にあがらないとチャンピオンの可能性が消えてしまうことを十分に理解し、サーキット入りした。
練習走行からグリップ不足、特に車のフロントエンドに悩まされる23号車。予選ではセットアップを変更したにも関わらず、改善は見られず、予選14番手に終わった。


2018/10/21(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry
Distance 65Laps / 303.810 km

On Sunday, Quintarelli put up his best effort and, during the opening stint of the race, gained three positions compared to his starting spot.
Then, with a great pit-stop by the team, Matsuda made his way back to the track in P9 and started pushing as hard as he could to gain more ground.
Unfortunately, while fighting for P7, he made contact with another car. He was called back to the pits to change tires and eventually finished in 15th place, out of the points zone.

Ronnie Quintarelli
"Our result at Autopolis is probably the biggest disappointment of the year.
After nine consecutive seasons we won't be fighting for the title at Motegi, and what hurts us the most is that we even led the championship in the early stages thanks to a great level of performance. On the other hand, that is another proof of the incredibly tight and ferocious competition between the car and tire manufacturers in this championship.
We will try to stay motivated and keep our spirits high.
Our goal is to complete the season with a positive result as a way to reward our fans for their support even in these difficult times."
日曜日の決勝、クインタレッリは限界までの攻めの走りをし、3つポジションをあげることに成功する。
ニスモスタッフによる素晴らしいピット作業とドライバー交代を終え、松田選手は9番手で復帰し、1つでも順位をあげるために攻める走りを見せていた。
7番手争いをしているときに松田選手は他車と接触してしまう。この接触によりマシンとタイヤはダメージを負い、緊急ピットインを余儀なくされる。またドライブスルーペナルティも出され、決勝の結果はポイント圏外の15位に終わった。

Ronnie Quintarelli
「オートポリス戦の結果は、おそらく今シーズンで最も残念な結果でした。もてぎでチャンピオン争いをできないことは9年ぶりです。
シーズン前半はパフォーマンスも良くランキング上位に常にいたことが、今となっては逆に一番つらいですね。このことは言い換えれば、スーパーGTが近年、車メーカーやタイヤメーカーが激しい競争をしていることを表しています。
チャンピオン争いからは残念ながら脱落してしまったけど、最終戦もてぎまでモチベーションを高く持ち、精一杯戦います。
厳しい状況が続いているけど、応援し続けてくれているファンのためにも、最終戦はいい結果を出してシーズンを終えられるように諦めずに頑張ります。」
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 8 ※1 1'18.370 1'35.248 5 ※2 36.990 82 -
2 3 1'28.147 - 1 2:52'02.048 110 12
3 15 ※3 1'46.306 R - 6 40.753 52 52
4 15 ※4 1'31.588 - 12 1 Lap 65 62
5 1 ※5 1'29.006 1'28.461 9 1'23.911 117 62
6 12 ※6 1'12.263 - 7 5.579 81 70
7 14 ※7 1'34.055 - 15 1 Lap 64 39
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,3,4,5,6,7 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
※2 No.23 R.クインタレッリ ドライブスルーペナルティ(SpR.32-16「スタート違反」)
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round3 Round4 Round5 Round6 Round7 Round8 Total
9 6 20 5 0 4 4 0 39

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.