result2019

株式会社GENOVA
正和製菓株式会社
K.Tsuruoka
株式会社エアージェイ
株式会社ヨシノ自動車
山口自動車株式会社
価格.com
ユタニ工業株式会社
MS JAPAN
Dam Craft
ITALIANS FOR TOHOKU
PRAY FOR ITALY
チェカレンジャーブログ
Ronnie Quintarelli Official Website for mobile
twitter
Instagram
resulttitle
2019 AUTOBACS SUPER GT
2019 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 500mile RACE
富士スピードウェイ/ Course Lengh : 4.563 Km

富士スピードウェイ 2019/08/04 AUTOBACS SUPER GT 表彰台

The 500 Miles of Fuji was set to be a crucial race for the 2019 SuperGT championship.
Despite not scoring points in the previous two rounds, the NISMO drivers were aware of their potential after fighting for the win in the sprint event at the same venue.
After securing a stunning pole position and leading the opening stint, Ronnie Quintarelli was forced to settle for third place by a safety-car situation that affected the race during a round of pit-stops.

富士500マイルレースは、シーズンの最長距離レースである。
前々戦と前戦ノーポイントで終わったニスモチームは、今回は優勝争いできるポテンシャルがあると十分に分かっていた。
予選ではポールポジションを獲得し、決勝でも終始トップで走行するも、数々のアクシデントによるセーフティカー導入で各チームのピットストップのタイミングが結果の左右し、ロニークインタレッリは3位でレースを終えた。
2019/08/03(土)
Qualifying [Knockout]
Weather : Fine | Course : Dry

Right from practice, the #23 Nissan GT-R and its Michelin tires proved extremely competitive and, for qualifying, the team selected the standard strategy of Matsuda driving in Q1 and Quintarelli in Q2.
The Japanese racer ended his segment in first place, giving Ronnie the chance to fight for pole which eventually happened.
Quintarelli put together a perfect lap as in Okayama, scoring his third pole of 2019 and his 14th in Super GT. The pole also secured one crucial bonus point.

公式練習では、23号車の日産GT‐Rとミシュランタイヤの調子は良く、予選上位を狙えるタイムを出していた。チームは通常通り、Q1を松田次生選手、Q2をロニーで予選を戦うことを決める。
松田選手はQ1をトップで通過し、ロニーにバトンを渡した。
Q2を担当したロニーは完璧なアタックラップで、今季3度目、自身14度目のスーパーGTポールポジションを獲得した。
このポールポジションで、貴重な1ポイントを獲得した。


2019/08/04(日)
Race
Weather : Fine | Course : Dry Distance 177 Laps / 807.651 km

For the longest race of the season, there were four mandatory pit-stops with driver change, so Ronnie drove in the first, third and fifth stint with his team-mate slotted for the second and fourth. At the start, everything went well, with the #23 Nissan leading the #3 sister car, which was starting from the front row too. In the second stint, Matsuda was passed by Hirate but, thanks to a great pit-stop and a fast exit lap, Ronnie reclaimed the lead.
Ronnie regained ground after an early safety-car recompacted the cars, and led until the final laps of his stint. At that point though, another safety-car situation changed the complexion of the whole race. The #6 Lexus managed to sneak into the pits seconds before the pit-lane was closed (as prescribed by the rules in case of safety-car) and was thus able to complete the stop before the rest of the pack.
That handed the Lexus team a massive advantage because, when all the other cars pitted after the re-start, they found themselves on top with a large lead. Ronnie came back to the pits as soon as possible, but something did not work out and then when Matsuda came back on-track, he lost one more position to the #1 Honda.
Matsuda came in for the last pit-stop with a 5-second gap in P3, and Ronnie pulled an amazing out lap to catch the tail of the car in front, leading to an outstanding battle. Unfortunately, a great drive by Yamamoto and a drop in tire grip did not leave him enough room to attempt a move. Quintarelli crossed the finish line in third place, still a positive result yet a disappointing one for having missed what would have a deserved win.

Ronnie Quintarelli
"After Saturday's pole position, we knew that bringing home a win wouldn't have been an easy task, but we led the race for more than half and knowing we lost it for external factors hurts a bit. The unexpected win by the #6 car, which was already leading the series, leaves a mark on the championship considering the huge advantage they amassed in the last couple of round.
We are satisfied with the result as it has been our third podium of the season and we moved up to third place in points. That said, the gap to the front is considerable and on the next race, scheduled in early September at Autopolis, we will have to give our best to reduce it.
I want to thank the fans that came to support us at Fuji.
I believe that even if we didn't win, they can be satisfied with what we showed on-track. I will continue to do my absolute best to reward them for their amazing support.
I can't wait to be back in the car for collective testing at Sugo and the sixth round of the season at Autopolis."
シーズン最長距離レースの富士500マイルは、ピットストップ4回、5スティントがベースとなる。スタートドライバーのロニーが第1・3・5スティント、チームメイト松田選手が第2・4スティントをドライブする。フロントローの23号車と3号車の両チーム共に好スタートを切り、3番手に5秒以上の差をつけて走行し、松田選手に交代した。第2スティントを走る松田選手は3号車の平手選手に抜かされるが、70周目に2度目のピットインし、完璧なピット作業とロニーの巧みなアウトラップでタイムを稼いだ。
この直後に500車両のアクシデントによってセーフティカーが導入される。先にピット作業を済ませていた23号車は順位を上げ、80周目にレースが再開された時点で23号車は再度トップに躍り出た。 その後も順調に走行していた23号車は、その後に起こる事態を知る由もなかった。500車両がマシントラブルによりピットロードの入口付近でマシンを止めてしまう。車両回収のため106周目に2度目のセーフティカーが導入されたが、ピットロードがクローズする直前に、2番手を走行する6号車がピットイン。
一時審議中になったが、セーフティカー導入の掲示前のピットインと認められ、6号車以外のマシンはステイアウトになったことで、レース再開後は、6号車とほぼ1周の差を築かれてしまう結果となった。レース再開直後に23号車のロニーはピットインし松田選手に交代する。この混乱の結果、1号車にも抜かれ、23号車は4番手まで順位を落としてしまった。
その後3番手に順位を上げた松田選手は、144周を終えて最後のピットイン。ロニーに交代し、ピットアウトした時点で、3番手の1号車とは5秒の差まで縮まっていた。ロニーは攻める走りでテイルトゥノーズの戦いをしていたが、山本選手の巧みなドライブとタイヤのグリップが落ちてきたことにより、オーバーテイクは叶わなかった。ロニーはそのまま3位でチェッカーフラッグ、今季3度目の表彰台獲得となった。チームそしてロニーにとって、優勝し大量得点を獲得できたレースで、3位だったことは残念な結果だった。

Ronnie Quintarelli
「土曜日の予選でのポールポジションを獲得したときは、トラブルさえ起きなければ、翌日の決勝で勝利を持ち帰れると信じていた。けれど結果は、予想の半分のポイントしか獲得できず、しかも厳しい状況に置かれてしまいました。ランキング首位の6号車がまさかの優勝で大量得点を獲得したことで、残り3戦あるにも関わらず、チャンピオンに向けて非常に有利なポジションに立ってしまったからです。
2戦連続ノーポイントだったことを考えると、3度目の表彰台に上れたこととランキング3位になれたことは嬉しいことですが、やはりショックも大きいですね。トップとの差を考えても、9月上旬のオートポリス戦で、差を縮めることを目標に精一杯戦うだけです。
とても暑い中、富士で応援してくれたファンの皆さん、ありがとうございました。優勝はできませんでしたが、僕たちの速い走りを見せることができたと思います。
皆さんの応援を力に変えて、次戦も頑張ります。菅生テストと第6戦オートポリスが待ち遠しいです!」
2019/08/04 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 500mile RACE champagne fight
GT500 class
No.23 MOTUL AUTECH GT-R
Round Qualify Pos. Qualify#1 Qualify#2 Race/Pos. Time/Diff. Lap WH
1 1 ※1 1'17.165 1'16.602 R 2 1.227 30 -
2 1 ※2 1'27.987 1'26.871 R 2 19.693 110 17
3 10 ※3 1'47.076 - Retire 36 Laps 16 49
4 10 ※4 1'24.288 - 11 1'28.681 66 49
5 1 ※5 1'28.904 1'28.519 3 36.658 175 49
WH=Weight Handicap(kg)
R=Course Record
※1,2,3,4,5 Qualify#1:ノックアウト予選(Q1)のタイム計測 [松田選手出走]
Point ranking
Ranking Round1 Round2 Round4 Round5 Round6 Round7 Round3 Round8 Total
8.5 16 14 38.5

Copyright © 2007-2016 Ronnie Quintarelli Official Website All Rights Reserved.